Little Athlete Club

リトルアスリートクラブとは?リトルアスリートクラブとは?

どんなことをやるの?

4つのパートで様々な基本動作を体験

リトルアスリートクラブが独自に開発・アレンジしたドリルに取り組むことで、 将来、様々な運動・スポーツを楽しめるようになるための運動神経のベースを育んでいきます。

■ 4つのパートと“ねらい”

  • ランパート …走る・スキップ・ケンケン

    ランパートでは、ただ走るだけでなく、スキップやケンケンなど様々な走り方を学びます。
    裸足で思い切り脚を動かし、脚と足裏に刺激を与えることにより、様々なスポーツに活かすことができる脚力をつけます。走ることは足の能力を高めるだけでなく、体の動作を安定させるので強い体づくりにつながります。

  • マットパート …マット運動

    マットパートでは、手のひらと指先の感覚を養います。
    転んだ時に、とっさに手をついてケガを防ぐ経験にもなり、日常生活の中で安全に遊べる力を身に付けることにもつながります。また、「回る」「揺れる」といった動作を経験し、三半規管を鍛えることで、脳の活性化も期待できます。

  • アスレティックパート …跳び箱、鉄棒、平均台、縄跳び

    アスレティックパートでは、 跳び箱、鉄棒、平均台、縄跳びという様々な用具を使った運動を学びます。
    ランパート・マットパートで養った基礎的な脚の力・手の力を活かしながら、全身を使い、自分の体をイメージ通りに動かすことができる器用さを磨きます。

  • スローイングパート …ボールを使った運動

    スローイングパートでは、様々なサイズのボールを扱えるようになることをめざします。
    ボールの弾み方と、ボールが落下するスピードに目が慣れることにより、動体視力が養われ、視野が広がり、脳が活性化するため、学習能力向上も期待できます。ボールに慣れることで、ドッヂボール、野球などの球技種目の基礎となります。

運動能力を効果的に高めるため、独自のLACウォーミングアップを導入

「基本動作」の習得には、そのベースとなる力(①筋発揮力、②柔軟性、③コーディネーション能力)が必要だと言われています。
昨今、この力が不足している子どもが増えていることから、リトルアスリートクラブではこの3要素を取り入れたLACウォーミングアップを新たに開発し、2020年度より、プレミアム校のレッスンに導入しました。
基礎となる力を養い、運動能力をさらに効果的に育むことをめざします。定期的に測定を行い、フィードバックします。